FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by ミーヤヒロキ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなに謝らないで!

Posted by ミーヤヒロキ on 17.2013 異文化   0 comments   0 trackback
こんばんは、ミーヤヒロキです。

皆さんは一日にどのくらいのメールをもらいますでしょうか?私、会社では一日におよそ100通から200通くらいのメールが自分のアカウントへ入ってきます。その大多数は直接私宛てではなく、誰かが私をCCで入れてメールしてきたものです。1日中、他人同士のやり取りを追いかけています。

その他人同士のメールのやりとりの中で、今週3回も下記のフレーズを発見しました。

"You don't need to say sorry"
(そんな、謝る必要はないですよ!)

奇しくも3人の違う外国人の方から、私の同僚に宛てたメールの中にありました。誤った情報を送ってしまった同僚が詫びた事に対し、「何でそんな事で謝るの。そんなこと言う必要はないんだよ」といったニュアンスのものでした。

日本人にとっては、謝ることは立派なコミュニケーションスキルとも言えますよね。でも外国人に対してそれをやると、変な人に見られたり、挙句の果てにはこの同僚のように励まされたりしてしまいます。




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

マシュマロとピーナッツバターと綿あめ

Posted by ミーヤヒロキ on 30.2012 異文化   0 comments   0 trackback
こんばんは、ミーヤヒロキです。


先日、新小岩にある「けん」というファミリーレストランに行きました。サラダバーやアイスクリームバーなどがあって、お客さんがお皿を持って歩き回るお店です。


中でも人気なのは、綿あめを自分で作れるコーナー。常に子供達がその機械のまわりに集まっています。小さな子供には大人が同伴し、一緒にキャッキャ言っています。


それにしても綿あめって、変なお菓子ですよね。


変なお菓子といえば、アメリカ人達はキャンプに行くと、マシュマロをキャンプファイヤーの火にあぶっていました。誰と行ったときでもやっていたので、キャンプの定番なんだと思います。拾った棒の先にマシュマロをつけ、軽くあぶるだけ。「美味しいから食べてみろ」と勧められましたが、ただの温かくなったマシュマロでした。


"PBJ"って名前の食べ物も、アメリカ人の友達に教わりました。ピーナッツバター(Peanut Butter)とジャム(Jam)を食パンに挟んだだけのものなのですが、これは美味しかった!向こうのピーナッツバターは基本的に甘くないのですが、まろやかで濃厚なピーナッツバターにジャムの酸味が加わることにより、極上のスナックになるのです。ニューヨークで食べている人はあまりいなかったけど、田舎に住んでいた頃、友達はみんなPBJが大好きでした。


さて、さっきまで賑わっていた綿あめコーナーから、急に人が引きました。するとそこには、ごっつくて外国製だと一目でわかる機械が置いてありました。


"COTTON CANDY MACHINE"


と書いてあります。




にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村
  

参加者募集

2013年3月より、気軽にご参加いただける英語アウトプットの練習会をひらいています。あらかじめお題を決めておいて、ディベート形式で進行します。参加費1回500円。メンバーの方たちと毎月開催日を決めていますが、時間は7:00-8:15渋谷、20:00-21:00西新宿です。初級の方も上級者もいます。ブロークンで単語を並べるだけでも構いません。とにかく知ってる英語でコミュしましょう!参加ご希望の方はメッセージください。

ミーヤヒロキ
hirokienglish101@gmail.com

主宰

ミーヤヒロキ。2000年ニューヨーク市立ハンターカレッジ卒。英語専攻(English Major)。日本帰国後、4年ほど英会話学校などで講師を経験。2013年3月より西新宿で英会話セッションスタート。現在は留学業界で働いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。